ポロの下取り相場価格と売却のコツ

MENU

ポロの3万キロの下取り相場価格と売却のコツ

フォルクスワーゲンポロの3万キロの下取り相場価格
0万円〜50万円

 

ですが、買取の場合、0万円〜110万円ぐらいを狙えるかもしれません!
※車の状態、年式、グレードによって査定額は大きく変化します。本当の愛車の価値を知るには、実際に査定を受けることをおススメします。
⇒無料一括査定はコチラ

 

下取りってなんでこんなにも安くて買取が高いの?

 

1

 

2

3

ポロの下取り相場価格と売却のコツ

4

 

ポロを下取りよりも高く売るコツ

 

「最近のフォルクスワーゲン・ゴルフってボディサイズが大きくなってきて、乗りにくいんですけど・・・」といわれたかどうかは知りませんが、こういったことから生まれた車がフォルクスワーゲン・ポロという車です。

 

ドイツの自動車メーカーというのは面白い傾向を持っており、モデルチェンジを繰り返すたびにボディサイズを大きくする癖があります。
フォルクスワーゲンもそうですが、メルセデスベンツもBMWもポルシェもアウディも全て該当します。
ボディが大きくなっても問題ない車もありますが、ドイツの国民車的な意味合いで作られているフォルクスワーゲン・ゴルフは大きくなってしまってはいけません。

 

国民車なのですから老若男女問わず楽に運転することができなければいけないのに、どんどん大きくなってしまい、国産車風に言えば、5ナンバー車から3ナンバー車に変わってしまうほどの巨大化をしてはいけません。
しかし、これはもうドイツ人の国民性や企業の考え方によるものですのでどうすることもできないわけで、そこでフォルクスワーゲン・ポロのようなフォルクスワーゲン・ゴルフよりも小型で格下のモデルが必要になってしまうわけです。

 

日本ではそもそもフォルクスワーゲン・ゴルフを大衆車とは見ておらず、それなりの位置にいる輸入車として見ているため、それが大きくなってきたとしてもたいした影響はありません。
ですので、はっきり言えば日本においてフォルクスワーゲン・ポロの存在は必要ないのです。
それこそフォルクスワーゲン・ゴルフに乗ればいいわけですが、売られてしまっているのでそれをどうしているかというと、フォルクスワーゲン・ゴルフの弟分的な位置におかれていることから日本では女性用のコンパクトカー、高齢者用のコンパクトカーとしてよく売れているようなのです。

 

要するに軽自動車が受け持つ部分を輸入車でこのフォルクスワーゲン・ポロが受け持っているといった具合です。
価格が安いことから販売台数はそこそこ多く、中古車市場にたくさん入ってきます。
需要も高いことから取引も頻繁に行われていますので、車格の割には買取店での買取金額はなかなかいい数字となるようです。

 

3年落ち30000キロ走行のものでTSIモデルが70万円ぐらい、GTIモデルが110万円ぐらいとなります。
このモデルも輸入車ですので、一般の買取店で売るよりは輸入車専門店で売った方が多少は高くなることでしょう。
特にGTIモデルはスポーティーモデルとしての人気もありますので、なおさらこういったところで売るといいかと思います。
ただ、フォルクスワーゲン・ポロ自体がかなり一般消費者層に浸透してきていますので一般の買取店での買取金額もそこそこいい金額であるため、専門店であるからといって大幅に買取金額が高くなるということではなさそうです。

 

一方で下取りは想像通りの安値となります。
同じ条件、3年落ち30000キロ走行のものでTSIモデルが30万円ぐらい、GTIモデルが50万円ぐらいと軽自動車の下取り金額より安い金額となってしまいます。

関連ページ

クロスポロの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのクロスポロを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。
ゴルフの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのゴルフを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。
ゴルフヴァリアントの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのゴルフヴァリアントを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。
ゴルフトゥーランの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのゴルフトゥーランを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。
ティグアンの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのティグアンを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。
トゥアレグの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのトゥアレグを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。
パサートの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのパサートを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。