ティグアンの下取り相場価格と売却のコツ

MENU

ティグアンの3万キロの下取り相場価格と売却のコツ

フォルクスワーゲンティグアンの3万キロの下取り相場価格
0万円〜90万円

 

ですが、買取の場合、0万円〜140万円ぐらいを狙えるかもしれません!
※車の状態、年式、グレードによって査定額は大きく変化します。本当の愛車の価値を知るには、実際に査定を受けることをおススメします。
⇒無料一括査定はコチラ

 

下取りってなんでこんなにも安くて買取が高いの?

 

1

 

2

3

ティグアンの下取り相場価格と売却のコツ

4

 

ティグアンを下取りよりも高く売るコツ

 

どうやらコスト削減・利益重視の自動車メーカーというものはどの国の自動車メーカーでも同じようなことをするようです。
既存のオンロードモデルをクロスオーバーSUVに仕立てるという方法で車を1台作るといったこと、このフォルクスワーゲン・ティグアンもそういった方法で作られている車です。

 

ベースとなっているモデルはフォルクスワーゲンの主力モデルのゴルフ、このゴルフのプラットフォームを使って、それに専用ボディと多少の部品を追加、交換しただけで作られています。
フォルクスワーゲン・ゴルフはオンロード向けの大衆コンパクトカーですが、こともあろうにそこから小型クロスオーバーSUVを作ってしまうのですから驚きです。

 

オンロード向けの車の車高を専用のサスペンションキットで上げただけで、専用のボディを与えただけ、生活四駆の4WDシステムを組み込んだだけで、性格も走るステージも使われ方も全く違う車を作ってしまうのですから驚きです。
日本のトヨタも同じように、プリウスからC-HRを作ったり、カムリからハリアーやNXを作ったりしていますが、世界一の販売台数を競うぐらいの自動車メーカーというのは往々にしてこういった姑息な手段でコストをとことんかけないで新しいモデルを、それも見事にブームに乗ったモデルを作りだして、それをあたかも「まったく新しい車です」といわんばかりに売るぐらいのことをしなければ販売台数を上げるぐらいの位置に立てないものらしいです。

 

このモデルはあくまでもフォルクスワーゲン・ゴルフです。
オンロード走行性能は大衆車レベル、オフロード走行性能はほぼ皆無といっていいでしょう。
ただこういったモデルは日本でもトヨタやホンダ、マツダからたくさん出ており、それが普通のクロスオーバーSUVと関知がされていることからも受け入れられており、新車需要も中古車需要も高くなっています。

 

買取店の買取金額もそこそこ高く、3年落ち30000キロ走行のもので見ると1.4リッターエンジンモデルが140万円ぐらい、2リッターエンジンモデルが170万円ぐらいとなります。
両者は日本の税制上、自動車税のランクが一つ違うので維持費を節約したいと思っている方に1.4リッターエンジンモデルが人気となっているので、エンジン排気量の違いによる買取金額の違いもたった30万円前後とわずかな数字となっています。

 

売る場所は基本は一般の買取店でいいかと思いますが、ゆにゅ者ということで難色を示す場合は輸入車専門店で売るといいかと思います。
仮にディーラーの下取りに出すとすると、フォルクスワーゲンの正規ディーラーでも3年落ち30000キロ走行のものが1.4リッターエンジンモデルで90万円、2リッターエンジンモデルで110万円ぐらいにしかなりません。

 

どうやらこのフォルクスワーゲン・ティグアンも下取りに出すのではなく、買取店や中古車販売店で売った方がいい金額になるようです。

関連ページ

クロスポロの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのクロスポロを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。
ゴルフの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのゴルフを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。
ゴルフヴァリアントの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのゴルフヴァリアントを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。
ゴルフトゥーランの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのゴルフトゥーランを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。
トゥアレグの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのトゥアレグを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。
パサートの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのパサートを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。
ポロの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのポロを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。