ミライースの下取り相場価格と売却のコツ

MENU

ミライースの3万キロの下取り相場価格と売却のコツ

ダイハツミライースの3万キロの下取り相場価格
0万円〜30万円

 

ですが、買取の場合、0万円〜45万円ぐらいを狙えるかもしれません!
※車の状態、年式、グレードによって査定額は大きく変化します。本当の愛車の価値を知るには、実際に査定を受けることをおススメします。
⇒無料一括査定はコチラ

 

下取りってなんでこんなにも安くて買取が高いの?

 

1

 

2

3

ミライースの下取り相場価格と売却のコツ

4

 

ミライースを下取りよりも高く売るコツ

 

ミラに代わってダイハツの軽自動車のベーシックモデルとして売られるようになったミライース、ただこういった扱い方をするようになったのはミライースに新型モデルが発売された最近であって、当初はミラの派生モデルとして作られただけの車でした。

 

当時はエコブーム真っただ中で自動車界では燃費の向上が急務とされ、もともと燃費のいい軽自動車にまで更なる低燃費を求めることになっていたのです。
登録車は車体が大きいことやエンジンパワーがあることでハイブリッドシステムに逃げることができましたがボディが小さくハイブリッドシステムを搭載するスペースや重量が増すことでかえって燃費が悪くなることが懸念される軽自動車では、安易にハイブリッドシステムに頼るのではなく、それまであった構造をさらに改良したり、規模が大きくならない程度の新たな低燃費装備を搭載することで燃費性能を向上させるしかなかったのです。

 

それらの技術のことをダイハツではイーステクノロジーといいました。
そのイーステクノロジーを初めて搭載して低燃費モデルとして作られたのがミライースで、イーステクノロジーのパイロットモデルという意味合いもあったわけです。

 

そして現在はイーステクノロジーも浸透してきて他のダイハツ車にも使われるようになってきたことからパイロットモデルとしての役目を終え、ミラに代わってベーシックモデルとして作られる用意になったわけですが、現在の中古車市場にあるモデルのほとんどがこの時代のモデルであって、需要としてはそろそろなくなりつつあるといっていいでしょう。

 

イーステクノロジーのパイロットモデルとして作られていた時代のミライースはトヨタのハイブリッドシステムのパイロットモデルとなるプリウスと同じようにそれ以外の部分は非常に簡素に作られており、手を抜かれて作られているので発揮入り言っていい車ではありません。
そういったことを理解している方も多いせいか、中古車需要は極端に少なく、価値のも低いので買取店の買取金額も高くはなりません。
3年落ち30000キロ走行のものでだいたい45万円ぐらいとなるでしょう。

 

残念ながら買取店以外に売る場所はこれといってありませんので、買取店の中から高い金額を出したところで売るといった手段をとるしかないでしょう。
一括査定サイトをつかって複数の買取店の暫定査定額を知り、その中から数社を選び実際に査定を受けます。
その中で一番高い査定額を出したところで売却すれば45万円に近い金額で売ることができるのではないかと思います。

 

一方、ディーラーでの下取りですがこちらはとことん安くなります。
やはり、新型モデルが発売されそれが大ヒットしていることもありますし、年式的にも少々古くなりますので、下取り査定として価値が低くなり、3年落ち30000キロ走行のもので30万円ぐらいが一発回答の金額となるでしょう。

 

こういった中古車需要が低いモデルは買取より下取りの方がいい場合がありますが、それはもう少し古くなって、現行モデルが中古車市場にバンバン入ってくるころの話で、現在はまだまだ買取の方が高くなるようです。

関連ページ

コペンの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのコペンを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。
タントの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのタントを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。
ビーゴの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのビーゴを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。
ブーンの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのブーンを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。
ミラの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのミラを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。
ミラココアの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのミラココアを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。
ムーヴの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのムーヴを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。
アトレーワゴンの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのアトレーワゴンを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。
タントカスタムの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのタントカスタムを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。