ブーンの下取り相場価格と売却のコツ

MENU

ブーンの3万キロの下取り相場価格と売却のコツ

ダイハツブーンの3万キロの下取り相場価格
0万円〜40万円

 

ですが、買取の場合、0万円〜60万円ぐらいを狙えるかもしれません!
※車の状態、年式、グレードによって査定額は大きく変化します。本当の愛車の価値を知るには、実際に査定を受けることをおススメします。
⇒無料一括査定はコチラ

 

下取りってなんでこんなにも安くて買取が高いの?

 

1

 

2

3

ブーンの下取り相場価格と売却のコツ

4

 

ブーンを下取りよりも高く売るコツ

 

通常、製品というのはモデルチェンジがされるたび、改良がされるたびにいいものになっていくものですが、このダイハツのブーンはどんどん悪い車になっていく改悪を繰り返しています。

 

発売された当初は、スポーティーなモデルも用意された一方でモータースポーツ向けの競技車両も発売するなどして、男性も女性も運転することができる車になっていましたが、2代目モデルではスポーティーなグレードも競技車両のベースモデルも作られず一貫して普通のコンパクトカーとして作られました。
ただ、1.3リッターエンジンモデルを用意するといった形で、乗る人間にあわせて選択肢があったわけですが現行モデルではそれすらなく、更に車の作り自体が完全なる女性向けモデルとなってしまい、男性ドライバーが運転することが恥ずかしくなる車になったのです。
女性用モデルとなると車の需要は一気に少なくなります。
単純に考えても男性・女性がいるなかで女性向けとすると1/2の需要になるわけですし、現実的に女性ドライバーはそこまで多くありませんので、実際は1/4程度の需要になるわけです。
自動車メーカー側もそういったことは承知の上なのにどうして売れなくなることになる車作りをするのか不思議でなりません。
軽自動車のタントでいい思いをしたのでその二番煎じを狙ったのでしょうか。

 

改悪を続けられてきたことで新車需要も中古車需要も年々低下してきています。
そのため中古車市場の中古車需要も低くなってきており、特に男性ドライバーが買うことがほとんどないことからかなり偏った需要傾向となっています。
当然ながら買取店での買取金額も安くなっており、3年落ち30000キロ走行のもので60万円ぐらいにしかなりません。

 

この車を売る場所は買取店です。
初代モデルのX4であれば、競技車両を扱うところやスポーツモデルを扱う中古車販売店で売ることもできますが、女性向けモデルとなりつつあった先代モデルや完全な女性向けモデルである現行モデルは一般の買取店以外に売る場所はありません。

 

一方、下取りですがこちらもはっきり言ったいい金額にはなりません。
ダイハツのディーラーでダイハツの新車を購入するための下取りの一発回答がだいたい40万円ぐらいとなります。
もちろん下取り金額は水ものですので、交渉次第では多少高くすることも可能ですが、ダイハツのディーラーでは次に買う車によってその許容範囲が違ってくることが多いようです。
下取り金額を上げやすいは登録車を購入する時、ブーンやトールなどを購入する場合です。
次に上げやすいのが軽自動車の不人気車を買う時、コペンやミラ、ウェイクなどを購入する場合です。
一番上げにくいのが人気の軽自動車といった感じです。

 

ただ、いずれにしても下取り金額が買取金額よりも高くなることは稀ですので、素直に買取店の査定を受けるべきだと思います。
どうせなら一括査定サイトなどを利用してたくさんの買取店で査定を受けるようにしましょう。

関連ページ

コペンの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのコペンを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。
タントの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのタントを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。
ビーゴの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのビーゴを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。
ミラの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのミラを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。
ミライースの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのミライースを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。
ミラココアの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのミラココアを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。
ムーヴの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのムーヴを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。
アトレーワゴンの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのアトレーワゴンを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。
タントカスタムの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのタントカスタムを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。