ビーゴの下取り相場価格と売却のコツ

MENU

ビーゴの3万キロの下取り相場価格と売却のコツ

ダイハツビーゴの3万キロの下取り相場価格
0万円〜55万円

 

ですが、買取の場合、0万円〜80万円ぐらいを狙えるかもしれません!
※車の状態、年式、グレードによって査定額は大きく変化します。本当の愛車の価値を知るには、実際に査定を受けることをおススメします。
⇒無料一括査定はコチラ

 

下取りってなんでこんなにも安くて買取が高いの?

 

1

 

2

3

ビーゴの下取り相場価格と売却のコツ

4

 

ビーゴを下取りよりも高く売るコツ

 

日本の自動車メーカーというのはどうして車としての価値が高い車をどんどん生産終了にして、くだらない見た目だけの価値の低い車を残そうとするのでしょうか。
そういった悲しい運命をたどったのがこのビーゴ、ビーゴは見た目だけで全く悪路走破性を持たないクロスオーバーSUVが乱立する中で、小型モデルとして唯一SUVとして作られていた車でした。

 

ラダーフレームを持つビルトインモノコックフレームにセンターデフを持つフルタイム4WDといったクロスオーバーSUVの上を行く性能を持つ車です。
しかし、世の中の人間がSUVとクロスオーバーSUV、クロスカントリー4WDモデルとの違いをしっかりと理解していないので、どうしてもデザイン重視、オンロード重視のクロスオーバーSUVばかりに目が向いてしまうわけです。
驚くのが新車を販売するディーラーの営業マンがこの違いをはっきりとさせることができないぐらいですので、車に詳しくない一般消費者など騙されて当然です。

 

下手なクロスオーバーSUVを作るのではなく、ビーゴのような車をぜひとも残してもらいたいものですが、親会社のトヨタが許してくれないようです。
とにかく「良い車を作れ」ではなく、「儲けの出る車を作れ」がトヨタグループの信条ですからビーゴのような台数的にも利益的にも優れていない車は必要ないのでしょう。

 

その分、中古車市場での需要が高まっています。
特にクロスオーバーSUVでは物足りないという本格的にアウトドアスポーツを趣味とする方たちや軟弱なクロスオーバーSUVに飽き飽きしている方、オフロード走行を楽しむ方などに大人気です。
買取店での買取金額もかなり良く、3年落ち30000キロ走行のもので80万円ぐらいとなります。

 

売る場所ですがこの車は一般の買取店で売ってもいいですが、れっきとしたSUVですので、SUV専門店とか4WD専門店といったような中古車販売店で売却してもいいでしょう。
この辺がクロスオーバーSUVとSUVの違いです。
特に日本のクロスオーバーSUVはオンロードしか走れないなんちゃってクロスオーバーSUVが多いので、SUV専門店などに持ち込んだとしても鼻で笑われます。
こういって専門店は本当のSUVを求める方が中古車を買いに来るところですので、そういった店舗になんちゃってクロスオーバーSUVが並んでいたとして誰も買ってくれないわけです。
その点、SUVとしての条件をクリアしているビーゴはそういったところでも喜んで買い取ってくれますので買取店の買取金額より高くなることが期待できます。

 

一方、下取りですがこちらは既に生産終了となっているモデルという扱いがされていますので高くはなりません。
同じ3年落ち30000キロ走行のもので55万円ぐらいが一発回答としての限界値でしょう。
ただ、下取りはあくまでも値引きの一環ですので、新車購入の値引き交渉によってはもっと高くなるかもしれません。

関連ページ

コペンの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのコペンを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。
タントの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのタントを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。
ブーンの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのブーンを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。
ミラの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのミラを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。
ミライースの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのミライースを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。
ミラココアの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのミラココアを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。
ムーヴの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのムーヴを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。
アトレーワゴンの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのアトレーワゴンを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。
タントカスタムの下取り相場価格と売却のコツ
3万キロのタントカスタムを下取りよりも高く売る方法を詳細に書いた記事です。