MENU

5万キロの車は中古車市場で人気の車

 

1年に1万キロ走行するという基準が設けられているように、車の乗り換え、2度目の車検など、5万キロの車の売却を検討する人は多いです。

 

車の走行距離が大きく左右される車の売却において、5万キロ走行している車は中古車市場において人気の車になる可能性が高いです。そのため、車の高価買取も期待できます。

 

車を高く売るなら一括査定!

 

5万キロの車は中古車買取業者へ売却すると高く売れる可能性が高いですが、その金額を最大限上げようとする場合は「一括査定」がおすすめです。

 

一括査定とは簡単に説明すると、インターネットから申し込みをし、複数の中古車買取業者さんから査定を受け、車を売るというサービスです。
複数の業者間での買取競争が起こるので、車を高く売ることが可能なんです!

 

5万キロの車、ある一括査定サービスの実績

 

ある一括査定のホームページのトップ画面にある5万キロ以上走行している車の実績を紹介します。

 

【トヨタ ランドクルーザー】
年式:2008年
走行距離:5〜6万キロ
査定時期:2016年7月

 

A社460万円
B社400万円
C社400万円

 

【ダイハツ ムーヴ】
年式:2009年
走行距離:5〜6万キロ
査定時期2015年8月

 

A社 80万円
B社 105万円
C社 90万円

 

上記はある一括査定内の車買取業者の査定額の比較です。ランドクルーザーから順に査定額の最高額と最低額の差はそれぞれ、60万円、31万円、25万円の差があります。高価に買い取ってもらえる中古車買い取り業者間ではこんなにも価格差が生まれます。

 

下取りを出すとお金をドブに捨てると同じ
買取業者間の一括査定に続いて、同じ一括査定サービスでの、ディーラーの下取りとの金額の比較です。

 

【トヨタヴォクシー】
年式:2008年
走行距離:5?6マンキロ
査定時期:2015年8月

 

下取り 一括査定
査定額 95万円 230万円

 

【日産セレナ】
年式:2006年
走行距離:5〜6万円
査定時期:2015年9月

 

下取り 一括査定
査定額 20万円 71万円

 

上記のとおり、下取りと一括査定の金額の差は歴然です!5万キロの車を売却する際、買取業者間では60万円の差はありましたが、ディーラーの下取りと一括査定の車の買取金額には最高で135万円の差があります。結果だけ見ていただければわかるとおり、あなたがもしディーラーでの下取りをしようとしているなら、135万円分をドブに捨てるも同然の行為なのです。

 

買取と下取りの違い


買取と下取りは似ているようですが、全く異なるものです。

 

買取は最も高額な相場基準価格

買取とは現在のっている車を中古車販売業者に売って現金を受取ることをいいます。現金を受けて次の車の頭金に使うもよし、車にもう乗らないという場合は貯金をするのも良いでしょう。
買取価格には中古車買取業者の間での「オークション相場」というものを元に価格の設定がされています。このオークション相場は、車の状態やニーズなど全国の中古車データを集め、総合的な判断で価格が算出されます。そのため買取り、下取りの査定において最も高額な相場基準といわれています。

 

下取りとは

一方で、下取りとは新車購入の際に、現在載っている車を購入資金に充てることをいいます。通常は下取りの基本価格表というのを元に、車両の状態を査定して下取り価格を算出します。この時、価格表は業者間でのオークション相場と連動していないことが多く、車を高値で売ろうとする場合は厳しいのが現状です。

 

なぜ下取りは高く売れないのか?

ではなぜディーラーでの下取りは買取に比べ車を高く売れないのか?それには理由は次の3つがあります。

 

下取りは新車を購入してもらうため

もともとディーラーの本業は車を買取ることではありません。ディーラーで下取りを行うメリットは、次の車への乗り換えなどの各種手続きがスムーズ、ディラーならではの手厚いサービスがあります。しかし、ディーラーが下取りを行うのは、その車が欲しいから買取をしているわけではなく新車を購入してもらうことが前提で下取りサービスを行っているのです。

 

距離・年式でしか車の価値を判断しない

ディーラーの下取り基本価格表の判断では距離・年式が重視されて査定額が決定します。
現在の車は耐久性や性能が上がっているため、よっぽどのことがない限りは10万キロを超える車であったとしても問題なく走行できます。ましてや5万キロの車は最新モデルに近いものが多いことが期待出来るので中古車市場としては人気の車です。しかし、ディーラーではどうしても走行距離・年式を重要視する傾向があります。
また、社外品パーツをつけている場合でも、それが査定額に評価されることは期待できません。あくまで距離・年式で金額が提示されます。

 

買い取った車の販売経路がない

ディーラーには買い取った車の販売経路が確保されていません。中古車買取業者であれば、買い取った車を海外などへ高く売る販売経路を持っています。海外での日本社の評価は高く、高値で売ることが出来るので買取額も高くなります。
ディーラーには買い取った車を高く売るノウハウや販売経路がありません。

 

買取だけでは問題がある

車の買取は下取りとは違い、買い取った車の販売経路が確保されています。さらに買い取った車は車そのものを販売するだけでなく、車として機能しないものでも、パーツ、部品を販売するノウハウや販売経路ががあるので車を高く売ることが期待できます。

 

業者によって買取たい車は違う

しかし、買取に出すだけでは問題があります。一番やってはいけないのが一社だけで買取をしてもらうことです。買取業者は車を買取る際に、自社の車の在庫量、販売状況、車種、売りたい車、買い取りたい車などそれぞれ違います。
仮にあなたの売りたい車が業者にとっては、売れ残っている車だとしたら当然買取価格は安くなるでしょう。
また、買取業社によっては車の在庫状況によっては「今月は買取でなく販売に力を入れよう」としている可能性もあります。
そんなことにならないためにも複数の業者から査定を受ける一括査定をする必要があるのです。一括査定の中でもおすすめなのが「かんたん車査定」です。

 

「かんたん車査定」がおすすめな理由


大手を含む10社以上の買取業者からの見積もり&査定を受けることが出来、かつ車の買取相場を自分で把握出来るので安心して査定を受けることが出来ます。

 

たった8項目で終わる簡単な申し込み!

かんたん車査定の申し込みに必要な記載事項は「名前」「住所」「車種名」など8項目のみです。45秒で申し込みが可能といわれるほど簡単に申し込みが出来ます。

 

10社からの無料査定が可能!

車を高く買い取ってもらうポイントは複数の業者から査定を受けることです。かんたん車査定では「ガリバー」「カーセブン」「アップル」など大手買取業者を含む10社の見積もりと査定を無料で受けることが可能です。

 

申し込み後は自宅で待機!

中古車販売業者への査定で最も面倒なのが、業者へ車を運ぶことですが、一括査定であれば申込後、業者から自宅へ査定に来てもらえます。
つまり、かんたん車査定で申し込み後は自宅で待機をしているだけで良いのです。

 

車の買取相場価格がわかる!

車を買取ってもらう際に、相場価格を知っておくことも重要です。万が一、買取相場価格よりも安い金額でも物怖じすることなく交渉することが可能です。

 

まずは無料でかんたん車査定を受けてみる

車の一括査定サービスの中でも、かんたん車査定は車を高く売る条件が揃っています。冒頭の金額実績にもあったように業者間の査定額では60万円、下取りとかんたん車査定では135万円の差があります。車を高く売りたい場合は無料で申し込みをすることも可能なのでかんたん車査定の申し込みをされることをおすすめします。